FC2ブログ

2018年東レPPO予選に出場する日本人選手を調べてみました

去年のJapan Women’s Openは、予選から初めて観に行った大会で、そこで加藤未唯選手のプレーを初めて観ました。(てか、去年のJWOの結果を改めて確認したら、本戦一回戦で大坂なおみ選手は奈良くるみ選手に負けてるんですね!!)。でも、他の選手は全然分かりませんでした。。。ギリギリが土居美咲選手と奈良くるみ選手で、土居さんのサインをラケットバックにもらいましたが。
そして、JWOのシングルス準決勝、ダブルス決勝を観に行っても、ほとんどの選手が分からず、たまたま観ることができたPPOの予選も、出ている日本人選手のことが全く分からないという残念な状況でした。。。(参考:去年のfacebook
つまり、なかなかに勿体ない経験でした笑。もちろん初めて見て、ファンになるってこともありますが、何らかのプロフィール情報を事前に知っていたら、もう少し気持ちを込めて応援できたなぁと。

ということで、明日観に行くPPO予選に出場する日本人選手について、パッと調べられることだけまとめてみました。
結果的に、今回の選手の中には、私に所縁のある選手はいませんでしたが笑。

※そうそう、日本テニス協会のホームページ内のプレーヤー情報ページ、今回の選手の何人も掲載されてませんでした。。。そりゃないでしょ〜。そのくらいの運営なら、ファンの方でやりましょうか?


井上 雅(いのうえ みやび)


1991年11月19日

出身地:愛知県名古屋市

出身校 : 椙山女学園高

出身クラブ:チェリーTC

現在の所属先 : テニスラウンジ


尾﨑 里紗(おざき りさ)


1994年4月10日

出身地:兵庫県神戸市

出身校:西宮甲英高等学院

出身クラブ:

所属:江崎グリコ


小堀 桃子(こぼり ももこ)


1998年8月22日

出身地:埼玉県所沢市

出身校:大成高

出身クラブ:

所属:橋本総業


瀬間詠里花(せま えりか)


1988年11月24日

出身地:東京都小平市

出身校:学芸館高

出身クラブ:ビッグK

所属:橋本総業        


日比野 菜緒(ひびの なお)


1994年11月28日

出身地:愛知県一宮市

出身校:岡山学芸館高

出身クラブ:木曽川ローンテニスクラブ

所属:LuLuLun


本玉 真唯(ほんたま まい)


出身地:東京都町田市

出身校:日出高

出身クラブ:

所属:


清水 綾乃(しみず あやの)


1998年4月11日

出身地:群馬県前橋市

出身校:地球環境高

出身クラブ:ラ・ポームあすなろラケットクラブ

所属:Club MASA


内島 萌夏(うちじま もゆか)


2001年8月11日

出身地:マレーシア

出身校:私立一ツ葉高

出身クラブ:

所属:昭和の森テニススクール


村松 千裕(むらまつ ちひろ)


1998年5月22日

出身地:千葉県柏市

出身校:日本体育大柏高

出身クラブ:

所属:グラムスリー


今西 美晴(いまにし みはる)


1992年5月20日

出身地:京都府宇治田原町

出身校:京都外大西高

出身クラブ:明石テニス企画

所属:島津製作所


大坂 まり(おおさか まり)


1996年4月3日

出身地:大阪府大阪市

出身校:

出身クラブ:

所属:


加治 遥(かじ はるか)


1994年9月25日

出身地:岡山県

出身校:園田学園女子大

出身クラブ:

所属:島津製作所


土居 美咲(どい みさき)


1991年4月29日

出身地:千葉県大網白里町

出身校:駿台甲英高

出身クラブ:自由が丘インターナショナルテニスカレッジ

所属:ミキハウス

スポンサーサイト

世界遺産訪問記録を作ってみた

ホントはブログ形式ではなく、サイト的にアップデートをしてみたい、もっと言うと、世界地図上にどんどんとピンを立てていくように表示してみたいと思っているんですが、まだやり方がよく分からず。。

でも、世界遺産検定の勉強をしている中で、「あれ?結構行ってるつもりだけど、実際はどのくらい行ってるんだろう??」というのを確認してみたくなったので、まずはリストを作って集計してみることにしてみました。

まず最初のハードルは、世界遺産の全一覧の作成。

王道はUNESCOホームページの世界遺産リストだと思ったんですが、これがなかなかコピペでリストを作るには使いにくい。。。

そこで、いろいろ探していたら物凄い人に行き当たりました。。。20180905222228d83.jpeg(画像引用: http://sekaiisan-yay.jp/ )

 世界遺産総数1092に対して、訪問数が539!!!539?!ご夫婦で4年間の世界一周世界遺産を周り、奥様は世界遺産検定のマイスター!(1級のその上)、旦那様が世界遺産検定1級。根っからのトラベラーなんでしょうね。

いま世界遺産検定2級の勉強で300箇所を覚えている中で実は感じていることが、私の中では実はあまり興味が湧かない世界遺産も多数あるということ。この辺は、おいおい整理してみたいと思います。

さて、結果としては私の世界遺産訪問数は「31」でした。日本が12、海外が19のようです。

時系列に見てみるとこんな感じ。2018090522222915c.jpeg 

修学旅行って偉大だなということ、海外出張の機会がありがたいなということ、そして何より、この世界遺産熱は、転職期間中に友人と行った日本の二つの世界遺産「屋久島」「小笠原」がスタートだろうなと気づくことができました。

一覧はこちらです。20180905222231294.jpeg 

今後もどんどん増やしていきたいと思います!

北京オープンのチケット購入にチャレンジ

10月に観に行く北京オープン、8月に悪戦苦闘しながらチケットの購入をしたので、その模様と経験を残しておこうと思います。

※過去記事

北京オープンってどうなのよ(事前勉強編)

北京オープンと上海マスターズのチケット代を調べてみたら、ちょっと予想外でした


去年の上海マスターズの時もそうでしたが、私は旅行関連は基本的に自分で手配する個人旅行。なので、観戦チケットも公式サイトから直接購入します。ということで、公式サイトでの購入方法について記載していきます。(結論を言ってしまうと、日本在住の私たちには買えませんでした・・・)


まずサイトに行くと、当たり前だけど中国語サイトです笑201809020956379b1.jpeg 

しかし、右上に英語ボタンがあるので、英語にすることはできます。20180902095638a5a.jpeg 

ただ、会場マップすらなくて、正直残念なサイトです。。


さあ、満を持して、チケットページをクリックすると、、、なんと、ここからは中国語のみ!20180902095639f51.jpeg マジかー、と思って、Google翻訳の機能を使ってページ翻訳しようとしても、画像が多く使われてるページということもあり、全然うまく日本語になってくれません。。途方に暮れながら、一語一語翻訳しながら進めてたんですが、素晴らしいiOSアプリを発見しました!


「Microsoft 翻訳」※アプリへのリンクの付け方とかがどうしても分からない。。。


画面も崩れず、ほとんどの文章が見事に日本語になります。2018090209564182f.jpeg 

ナイス、Microsoftさん!!!やればできるじゃないか!日本語の言っている意味がよく分かりませんが(笑)、これは翻訳の問題ではなく、きっと原文自体がそういうもんなんでしょう。

さて、チケット購入のリンクを押すと、普通はこのように、これまたよく分からない感じが並ぶんですが、20180902095642ab6.jpeg アプリを使っていけば、この通り20180902095644f72.jpeg ああ、曜日のことを言ってたのね、と楽々。

この画面で日付を選択すると、購入できる席が表示されます。201809020956458f2.png ここの日本語はバッチリですね。

ここからチケットの種類をクリックします。今回はまずVIPボックス。すると、ポップアップが立ち上がります。20180902095647f3d.png このページは翻訳できませんでした。。が、白いところは触れるのか?と考えてクリックしてみると、ビンゴです。空いている席がこのように表示されました!201809020956483f9.png この中から希望の席をクリックすると、見事ショッピングカートに入りました!201809020956505e1.png 

他のチケットも基本は同じですね。20180902095651909.png エリアを選択して行くと、空いてる座席が表示されます。色の違いは席の区分ABCのようです。201809020956535ff.png 

さて、購入したいチケットを全部カートに入れて、カートボタンをクリックすると、いよいよ精算に近づきそうな雰囲気です。20180902095654406.jpeg ドキドキしますね。

恐る恐る、精算らしき赤いボタンをクリックすると、手続きのページに移行しました。このページも翻訳をかけることができたので安心です。が、、、

チケットの配送先を選択しようとすると2018090209565690b.jpeg 日本というか中国国外を選択できませ〜ん。。。20180902095657708.png あれ?あれ?と思いながら、もう少し下の方も見て行くと支払方法の選択がありましたが、20180902095659e60.jpeg クレジットカード決済がなく、みんな中国オリジナルの支払方法。。。

ここで公式サイトでの購入チャレンジは終了です。やはり、中国に詳しい知人に確認しても、日本からの購入はできないようです。


ということで、泣く泣くもう一つの選択肢だった、日本向けの中国の旅行代理店で中国のテニスツアーも扱ってるChina8さんから購入することにしました。201809021004425ee.jpeg 

そして購入はECではなく、メールでのやり取りという不思議なスタイル。やりとりをしていて分かったのですが、こちらの会社は、あくまでチケット購入の代行をしてくれるという感じのようでした。なので、希望のエリアがある、特にVIPボックスについては「あの席じゃなきゃダメ!」という一席指定だったので、細かくメールで場所を指定しながら、希望の席が取れることを確認したうえで、発注手続きを最終的にお願いしました。

そして何故か、こちらの会社さんはチケット代金が公式サイトと一切変わらず!手数料も一切必要ないとのこと。最終的には発注間近で、郵送料が5千円かかると分かり、ちょっとゲンナリしたんですが、手数料と思うしかないかと考えて諦めました。

支払い処理が終わらないと、先方が購入手続きに移らないようで、希望の席が無くならないようにと大急ぎで支払い。こちらの支払いはPayPalで、個人的には初体験でドキドキでしたが、あっさり完了。

処理した瞬間朝の7時に「いますぐ取って!」という気持ちで、「支払いましたよ」とメールで伝え、早く取って、早く取って、と祈るように返事を待つものの、なかなか返事が来ず、11時ごろ「入金確認したので購入します」との返事。早く!早く!と思いながら待つも、ここからの返事がまた滞る。。。えーー、、ここまでのメールのレスポンスはすごく良かったのに!?とヤキモキしながら待つことすでに夕方。おいおい、あの担当者、購入せずに退社しちゃったりしないよね?!と思いながら18時過ぎに催促のメールを「希望の席が取れなかったらキャンセルするかもしれないからね」と釘をさしながら。。そしてようやく20時ちょっと前に「主催者から、希望の席が押さえられたと連絡が来た」とメールが!あ、あなたは公式サイトからやってるんじゃないのね、何らかの特殊なパイプ(なのか、ただのメールのやり取りなのか)で、あなたも返事待ちだったのね、と理解しました。

そしてその後、一週間後ぐらいに「発券が完了した」との連絡が入り、その翌日「EMCで発送した」との連絡が入り、その数日後、家に届きました!20180902100444a8d.jpeg 

8月8日朝 支払い完了

8月8日夜 座席の確保完了

8月16日 発券完了

8月17日 発送完了

8月21日 家に到着!


黒い袋を開けると、厚紙の袋が20180902100446405.jpeg

厚紙の袋を開けると、封筒が20180902100447f7f.jpeg 

封筒の中には、3日分のチケットと、VIPボックスのチケット用にチケットホルダーが付いてきました!しかも、ストラップを見て、今回15周年だったんですねと知りました。20180902100449960.jpeg  


北京オープンと上海マスターズのチケット代を調べてみたら、ちょっと予想外でした

前回の記事(北京オープンってどうなのよ(事前勉強編))でも書きましたが、10月上旬に北京オープンを観に行ってきます。チケットは取れたので、そちらも、別途書こうと思います。で、今回は知人から「上海マスターズと比べて安いんですか?」という質問をいただき、去年買って行ってきたものの(2017年上海マスターズ観戦旅行記)比較はしたことがなかったので、今回はちょっと比べてみました。

比較結果がこちらの表。
201808191250468a2.jpeg 
金額は全て公式サイトでの金額です。中国の旅行会社のchina8さんが定価で販売しているので、そちらのサイトの金額を使っています。

前提

・スタジアムの作りの違いはあると思いますが、「アリーナ」と「2階以上のA/B/C」で単純に分けています。
・北京は、デイセッションとナイトセッションという形態をとっているため、終日券の上海とは比較がしにくいです。
・上海のアリーナはさらに3段階のランクがあります(表中に記載の通り)
・上海のA席にはA+というランクがあります(表中に記載の通り)

結果として

アリーナ席は上海が抜群に高いが、A席以下は同等もしくは上海の方が安かった!
という意外な結果になりました。
北京もたしかにトップ選手が多く出場するとはいえ、やはりマスターズには敵わないでしょ〜と考えると、上海の方がお得感があるように感じます。

上記からの私のオススメ

「上海の準々決勝A+最前列をゲット」
「狙いの選手がいるなら北京の平日アリーナ」

北京オープンってどうなのよ(事前勉強編)

海外やら地方やら、マスターズからサーキットまで、幅広く大会を見て回って、いろんな情報を収集しているこの一年。今年は、9月末から10月上旬に開催される、楽天オープンのライバル、北京オープンを視察してこようと準備しています。20180731235557399.jpeg (公式サイトのトップページ画像を引用)

テニストーナメントは、一ヶ月間のオフを除いて、ほぼ一年間、世界のどこかで大会が開催されていて、選手たちは毎週毎週世界を移動しながらツアーを周りまます。そして、この大会というのが実は同時期に複数の場所で違う大会が開催されていたりします。なので選手は、移動スケジュールや大会のレベル、相性なども踏まえて、ツアーのスケジュールを決めていくわけです。

そしてまさに日本最大の大会である楽天オープン(Japan Open)と同じ週に開催されるのが、同じくATP500という大会規模でありながらも、多くのトッププロが流れてしまうと言われる「北京オープン」になります。20180801003309bb4.jpeg 20180801003308045.jpeg (両方ともATPサイトから引用)

あんまりランキングに詳しくないので、「北京にはナダルがいる〜!?」ってこと以外は、あんまり違いがわからないんですけどね笑。

よく言われる違いは、こんなところでしょうか。

  1. 賞金総額
  2. 翌週上海
  3. 男女共催

一つ一つ見てみましょう。

賞金総額

これは分かりやすく想像できると思います。私の過去のブログでも紹介しましたが、2018年は北京が$4,658,510、楽天が$1,928,580と、倍以上の開きがあります。(出典:ATP公式情報)


翌週上海

翌週は上海でマスターズが開催されるので、北京からの方が、、、みたいな意見・視点もあります。しかし、アクセスだったら羽田から上海もそんなに気にするほど大きな違いがあるわけではないと思うんですが、感覚的なものですかね?それとも、そのわずかな時間も選手にとってはやはり重要ということでしょうか。20180801000309507.jpeg 

そして、さらに実はよく調べると、前の週にもATP250ではありますが中国で2つのトーナメントが開催されているようです!。いわゆる中国シリーズ?でもトッププロにとっては、あんまり関係ないんじゃないかなぁ、、、なんてナメていたら、それぞれティームやズベレフなどが出てるんですね。ここも含めて考えると、たしかに間に東京を挟むのは非効率ということになりますね。。シリーズって大切かもしれません。


男女共催

地味に、実はこれも非常に大きいんじゃないかと思います。男子だけの楽天に対して、北京は男女共催の大会です。しかも!共催している女子は、なんとグランドスラムに次ぐグレードに位置付けられるPremier Mandatoryと呼ばれる5つの試合のうちの一つなのです。日本最大の女子の大会である東レPPOはその下のPremier5のその下のPremier。

ですので、女子の出場選手は男子よりもハンパないです。

こちらが東レのシード選手20180801000307a72.jpegそしてこちらが北京201808010003081d7.jpeg(両方ともWTAサイトから引用)

 東レでも十分すごい選手が揃ってると感じてたんですがレベルが違いますね。16シードまでがランキング18位までで占められるんですから、ほぼグランドスラムですよね。さすがMandatoryといったところでしょうか。

賞金総額も強烈です!東レPPOが$799,000なのに対して、北京$8,285,274!PPOの10倍以上!なんと男子よりも高いんです!!これが大会のグレードということですね。過去にWTAツアーについて調べたことがあった(過去記事)ので中国を中心としたアジアが凄いのは知っていたのですが、その時は賞金については分析しなかったので今回は驚きでした。これなら総合力の魅力として観客が多く集まりそうな気はしてきます。。

なんでそんなにすごい賞金なの?ということで、一応主要なスポンサーも調べてみました。20180801002547a38.jpegメインスポンサーはベンツ。上海はロレックスでしたが、やはり高級ブランド、というか富裕層マーケットがテニスには向いているんでしょうね。逆に言うと、日本には富裕層マーケットが存在しないと言うことでしょうか。次に、中国人寿保険という保険会社と、中信銀行という銀行。前者はフォーチュンで42位にランクインする大企業のようですが、後者は中国6位ぐらいなので驚くようなスポンサーではない気がします。さてさて、男女合わせて13億円ぐらいの賞金総額はどのように捻出されてるんでしょうか??



会場は北京オリンピックで使われた会場なわけですが、これについては行ってきてからリポートしたいと思います。

今回は以上です。


プロフィール

西村 正一

Author:西村 正一
テニスツーリズムアンバサダー

2017年にWimbledon観戦に行ってから、テニスツアー観戦の魅力を広めていく活動に精力を注ぎ、上海マスターズなどの海外の大会や、日本の地方のサーキットなどにも足を運び、情報発信をしています。
仕事は経営企画職で、いろんな人をファシリテーションしながら経営戦略やビジョンなどを策定していくのが最近のメインです。

Twitterアカウント:@sho1246ra

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR