FC2ブログ

オランダAlkmaar ITFサーキットはやっぱり日本と少し違ってた


ここ3年ぐらい、この時期に毎年恒例になっているアムステルダムでのグローバルの会議。毎回かなりタイトなスケジュールで、宿泊場所も会議場所も到着地であるスキポール空港の中(のヒルトンホテル)ということで、一歩も街に出ることなく終える出張という感じで過ごしてました。アムステルダムの街中自体も以前歩き回ってある程度観光していた実感があったので、前泊したとしても街に繰り出す気にもならず。とは言え、去年からのテニスツアー観戦の流れで、上海マスターズのようなことがあるのでは(参考記事:『2017年上海マスターズ観戦旅行記』)?!と思い、当初2か月前ぐらいにATPツアーの確認は終えていて、そんなタイミングよくこんな場所では無いよねと諦めてたところでした。しかし!、ITFサーキットぐらいならあるんじゃね???と思い立ち、調べてみたら、アムステルダムから電車で一時間ぐらいの街でやってるじゃないですか!!ということで、日本でのサーキット観戦経験も今年5月の久留米(参考記事:『2018年久留米国際女子オープン観戦記』Editしかなかったものの、海外かつヨーロッパでのサーキットの実態が観てみたい!!という気持ちにかられ、弾丸で観てきました。気持ちは、大会を観戦するためではなく、今回は完全に視察です。


そう、ちなみに弾丸一人旅は意外と好きなんです。過去の出張でも、出張時の最後の半日で、かつ、いつも一人で、弾丸アテネ観光、弾丸スウェーデン世界遺産、弾丸ウイーンカフェ巡り、などなどをよく楽しんでます。


ということで、目的が“観戦旅行”ではなく、完全に“視察”なので、「今回の観戦旅行はこんなに楽しかったです♪(または大変だったです…)」的な内容ではないんですが、とはいえオランダで初めて電車に乗り、初めての街に行くというドキドキ感は万歳だったので、その辺のリアリティをお伝えするために、旅行記的なスタイルで書いていこうと思います。


観に行ったのは、この試合。

Future toernool Alkmaar(男女共催 賞金15,000$) https://futurealkmaar.nlEdit(写真は会場の入り口付近に積まれた、名産のチーズ)


おいおい、どこだよこれ。。というのが最初の印象ですが、初めての場所に行くのは慣れているので、とりあえずグーグルマップで検索。電車でホテルから一時間かからないというところまでは分かって安心。ただ、で、その電車はどう乗るのよ?乗り換え大丈夫なの?というのが不安満載。。


よく分からないながら、まずは切符を買ってしまえ!ということで、空港駅にいっぱい並んでる券売機を触り、Edit目的地の駅を選び、二等席の往復を選んで、とりあえず購入完了。まずは乗り換え地点だとグーグルが言ってるアムステルダム中央駅へ向かいます。ホームにいる駅員に「これはアムステルダム中央駅に行くか?」と聞いたら、「Directly」だと言うのでまずはOK。オランダの良いところは、世界一英語が通じる国だということ。さあ、アムステルダム中央駅で降りて、次の乗り換え。さて、どこに行こうか。。。グーグルマップは8a番線だと言っている。でも、海外は電車遅延は当たり前で、その都度発着のホームが変わるという話も聞くし。さてさてどうしたものかと思い、まあ困ったら人に聞けということで案内係に聞いてみました。最初はグーグルと違う電車を伝えられたんですが、「グーグルにはこう書いてあるが」と訊ねたら、「あぁ、そっちだ」ということで、結論はグーグルの指示通りに(笑)。ちなみに、これは帰りの電車でも同じことが。グーグルマップで調べておき、駅員さんに聞き、をしながら進むと、結論はグーグルが正しい。グーグルすげぇなあということと、オランダの電車は意外と遅れないのね、ということを感じました。

最寄駅からはグーグルはバスを指示してたんだけど、弾丸の中で、バスの乗り方に手間取ってるのは嫌だったし、知らない街を歩くのも大好きなので、30分間歩いて現地に向かうことを選択しました。こんな田舎道を通ったり、こんな公園の中を通ったり、こんな風車が見えたり、ただの田舎町なんでしょうけど、これはこれで楽しいです!今回の主旨とは違いますで写真はこのぐらいで控えますが笑。


歩くこと30分、ようやくテニスクラブ的なところが見えてきました!会場は"Tennispark De Hout"というところ。 https://www.tennisparkdehout.nl/

公式サイトによると、Alkmaar最古のテニスパークということなんですが、これが公営のコートなのか民間のテニスクラブなのかはサイトからはハッキリとは分かりませんでした。


行ったのが月曜日で一回戦というのもありますが、観客はパラパラです。でも大会の公式サイトには”例年は7000人の観客”という表記があります。ホント?!そもそもそんなにこの会場に入る???って気すらしてきます笑。ちょっとずつ解説していきましょう。


こちらのスペースが入ってすぐのところなんですが、コートを一面潰して、コートの上に床板的なものを敷き、パラソルの観客席と飲食店・スポンサーブースが設置されてて、リラックスして観るって感じの作りです。ここで何人かの選手たちもくつろいでたり、奥の女性選手たちはマネージャーらしき人とずっと打ち合わせしているようにも見えます。このスペースは慶應チャレンジャーや久留米国際80Kよりも余裕を持って雰囲気よく、しっかりと作られている印象を受けました。スポンサーはローカル企業なのかナショナル企業なのか企業名を見ても当然分からず、なんなら調べてみようかとも思いましたが面倒なので止めました笑。

そして、クラブハウスの前に仮設客席を3段ぐらい用意した感じのコートがセンターコートに。このクラブハウスは屋上にも登れるみたいで、そこからも観れます。うん、使い勝手のいいコートですね。とは言え、センターコート前に座れるのは多分100~200人だけじゃないかなと思います。ブース前のパラソルスペースはもっと少なくて60人ぐらいの印象。1日数回転しなければ7000人は集まらないと思うんですが。。こちらの写真は公式サイトからの引用ですが、決勝あたりになるとこのぐらい立ち見でいっぱいになるんですね。屋上もぎっしりに見えます。でも、私がいた日の観客は、選手の知人やコーチなどの関係者か、地元のおじさまおばさまのみって雰囲気でした。パラパラと若者も居たかな。このぐらいの観客の構成はあまり日本の小さな大会と違いを感じませんでした。違いがあるとしたら2点でしょうか。一つ目は日本ではよく見る、大きなレンズを抱えたファンの姿がほとんど無いこと。この日は写真の奥の方に写ってるお一人しか居なかったと思います。正直私がスマホでパシャパシャ撮ってるだけでちょっと違和感あって恥ずかしかったです笑。これは、選手のプライバシーへの配慮なのか、ファンとしてというよりも純粋にプレーを観て楽しむ文化なのか、どうなんでしょうね。二つ目の違いは、これまた先ほどの写真にも写っている、アルコールを飲みながらの観戦風景。日本だと、デ杯や楽天オープンのクラスになれば多少はそういう人を見ますが、チャレンジャーやサーキットだとそもそもアルコールの販売を見ないような・・・売ってましたっけ?写真に写ってるシニアの方、もうカフェで一杯ひっかけながら、ちょうどそこで試合やってるだけって雰囲気です。


今回ビックリした大きな事は、なんと主審一人!線審も居ないし、ボールパーソンも居ない!という事です。(写真は主審が椅子に座りながらゲーム数を操作して表示するユニークな器具)

大きな大会をテレビや現地で見ていると、審判というのはベースライン側にそれぞれ3人いて、サイドライン側も主審と反対側に3人いて、つまり主審線審合わせて一面に10人体制。そしてボールパーソンはネットに2人とベースライン側にそれぞれ2人の6人、合計16人体制。これが普通なのかなと感じちゃいます。それが、去年からいろんな大会を観戦することで、「あ、試合のランクによって違うんだ」ということを知りました。

今回は、ボールも選手自身で拾って、余計なボールは端に転がしっぱなし。試合後のブラシ掛けも両選手で。試合間のコートへのでも確かに、線審3人ボールパーソン1人を4面に付けて、休憩も考慮して倍の人数を手配しようとすれば、これで32人。32人分の人件費が浮くというのはかなり大きい気がする。ざっくり1人日給1万円なら32人で32万円、7日間で224万円ですね。これだけの金額を協賛で集めるのは大変でしょうから大きそう。今回の大会は、見た感じの現地の雰囲気では、数人で運営しているようにも感じました。もう市民大会感覚。これって、大会のグレードで規定されてるんですかね?


最後に、今回は、あんまり試合自体を楽しむことは目的に無かったので、そんなにじっくりと試合を観ることはしていないんですが、それでも第一印象から凄く感じたのが「強っ!」「なにこれ、ITF15Kレベルの一回戦だよね?!」ってものでした。イメージ的には、去年のウインブルドンで初めてジュニアの観た時の印象に近いかんじでした。ウインブルドンではジニアの本戦でしたが、ジュニアの試合自体見たことが無く、それがいきなりグランドスラムの本戦。なんだこのパワーは?!と感じたのを覚えてます。じゃあ、ITF15Kの一回戦そしてダブルス。比較材料が、今年の慶應チャレンジャーでの江原組が負けた男子ダブルス、そして今年の久留米のITF80Kの女子ダブルス。海外で私が浮かれていたからなのか分からないのですが、サーブもストロークも、男子も女子も、破壊力が全く違うように感じました。当然日本人がいない大会ですから選手たちの身長もデカい。出場選手のランキングを日本の大会と比べてみたいと思ったぐらいです(やっても良かったんですが、また今度に)。少なくとも、ヨーロッパの選手は常にこのプレーに揉まれるんだな、これはポイント獲得機会というよりも、成長機会として重要だろうなと強く感じてしまいました。


以上、初のヨーロッパITFサーキットの視察記録でした。ご質問があれば、ぜひぜひご連絡ください。
スポンサーサイト

「楽しめるテニス大会セレクション」の連載をしてみます


去年は、例年のデビスカップに加え、ウインブルドンに勢いで行ってきたことをきっかけに、これだけの大会に足を運びました。
* 2月 デビスカップ(対フランス)
* 7月 ウインブルドン(Week1 Sat、Week2 Wed)
* 9月 JWO予選、準決勝
* 9月 PPO予選、準々決勝、準決勝
* 10月 上海マスターズ準決勝、決勝
* 10月 全日本選手権最終日(男子単決勝、複決勝)
ウインブルドンに行ったことのある人間として、
ツアー観戦の楽しさを周りに伝えるとともに、
どうせなら、やたら詳しくなって、みんなに喜ばれて、ちょっとした仕事にしたいなと。
行ってみて感じる大会観戦の楽しさ

  • トッププロの身体の大きさ、打球音、スピード感を圧倒的に感じる

  • 生で観ると、急に親近感を持ち、ファンになる

  • 海外も国内も、旅行気分も味わえ、スケジュールさえ組めば観光もできる


ということで、この連載では特に3点目の
「旅行気分」
にフォーカスをあてて、選んでみたいと思います!
「テニスの大会を観に、上海行ってくるよ」
これ、ちょっと変わった人ですね笑
でも、
「今度上海に旅行行ってくるね。(ついでにテニスも観てくる♪)」
これ普通の会話です。
日本人の、海外・国内旅行の支出は6兆円ぐらいあるらしい。
そう、旅行なら行くんです。
ここに、娯楽としての観戦を組み合わせるだけ。
これは楽しい!!
ということで、現在考えてる連載としてのカテゴリーはこんな感じです。
お楽しみに!

  1. 解説者として一年中国際大会を見て回っている辻野隆三さんが薦める三大会(個人的に教えてくれました!)

  2. 世界遺産が近くにある大会

  3. 街自体が魅力的な大会

  4. 家族の休み期間(年末年始、春休み、夏休み)に行ける大会

  5. 旅行してみたい国内地方都市で開催されてるITFチャレンジャー・フューチャーズ(下部大会)

WTAツアーの開催地も調べてみた

前回のATPツアーに続いて、WTAツアーも調べてみました。

開催国は?
WTA国別開催数

やっぱりアメリカなんだね~と思っていたら、リストを集計中から感じてたことだけど、
中国が多い!!なんと第2位!
しかも、China Open(男女共催)は最上位カテゴリー(Premier Mandatory)。 
やるじゃないか。。。

しかも、そう、アジアの国の名前が多々並ぶ・・・

地域別にみると
WTA地域別開催数 

なんと、アジアが第2位に!!!まあ、ほぼ中国が引っ張ってるわけだが。
なぜだ?!
なぜに、ATPツアーが開催されていない、韓国・台湾・香港が。
去年の安藤証券オープンにも、アジアの選手をよく見た。女子選手は比較的アジア各国ががんばってるのかな?
と思って、調べてみたら、やはり男子と女子で国別の勢力図が全然違う!
女子だと中国が4位なんだ~。
興味深いわ~。

さあ、世界地図にプロットしてみると
WTA開催地図 
男子同様、ヨーロッパの集中ぶりはすごいんだけど、
距離的なことを考えるとアジアの密度も、アメリカの密度と同じぐらいなんじゃないかな?
これは、女子ツアーを観ることを考えると、実はかなり良い環境。
海外に、飛行機に乗ってまで見に行くのか?という心理的なハードルはあるだろうけど。

しかし、大会のグレードを考慮すると
とは言うものの、実はWTAツアーの大半はInternationalという一番グレードの低いカテゴリーで、
グレードの高いPremierカテゴリーになるとちょっと様子が変わるのです。
WTA国別開催数(Inter除く) 
アメリカ一強・・・
そして、グランドスラム開催国と続く。(フランスどうした)
アジアは、中国と日本(東レPPO)のみに。

WTA地域別開催数(Inter除く) 

ヨーロッパ、北アメリカ、そして伝統のオーストラリア(まあイギリスの流れということか)で。

まとめ
アジアでいっぱい試合があるのは素晴らしい環境なんだが、
そうは言っても、ヨーロッパの試合の方が観に行きたい。

2018年ATPツアー開催状況の簡易分析

今年のツアースケジュールが出ているので、いくつかの素朴な興味を分析してみました。


どこでやってるの?

ATP国別開催数 

  • アメリカが圧倒的!マスターズも3つあって、ATP250までバランスよく。アメリカに住んでる人は国内の試合だけで十分だなってぐらい。さすが、世界一のスポーツビジネス大国。
  • フランスもさすが。
  • ドイツがATP250,500だけながら、なぜか4つもある不思議。
  • 中国パワーで4試合。
  • GS開催地でもあり、伝統の国でもあるイギリスとオーストラリアがイメージより少なかった。国土の問題?
  • メキシコ?トルコ?ブラジル?あたりが2試合運営していることに、素人目線で驚き。
  • 半数の国は頑張って1試合やってる感じ。へーーーって国が並ぶ。

ちなみに地域別にみると?
地域別開催数 
  • まあ当然のようにヨーロッパ圧勝で半数を占める※開催地の地理的な近さからロシアもヨーロッパ区分に入れちゃってます。
  • おいおい遠いだろ、とは思いながらもインドも「アジア」に含めてます。でも、カタールなどを「アジア」に入れるのは忍びなく、かといって「ヨーロッパ」に入れるのも癪なので、「西アジア」区分にしています。

つまり、世界地図的に距離感を見てみると?
ATPツアー開催地 おー!!って感じです(自画自賛w)Google Mapで粛々と作ってみました。

  • こう見ると、やはりヨーロッパで、たとえそれが小国であろうと、テニスが人気スポーツになる理由が分かります。あの小さな範囲に、あれだけの試合が行われてるんだもん。簡単に観に行けて、トップ選手が身近になって。
  • 日本にとってはどうにもならないな。さすがに日本の近場でヨーロッパのような開催状況を作り出すのは無理でしょう。日本で盛り上げるためには、ITFチャレンジャーや国内の試合(他のスポーツで言うところの、プロ野球やJリーグ)を盛り上げていく道ですかね。
  • いまごろ、ん???と気づいたのが、韓国が無い!?チョン・ヒョンがあんなに大活躍だと、韓国国内の人はもどかしいでしょうね。
  • 上記の韓国も含めて、女子ツアーWTAはもっとアジアでの試合が多かった気がする。この違いはなんだろう?次は、WTA版でGoogle Map上に違うレイヤーで作って、重ねてみたいと思います。
  • スポーツツーリズム目線でこの地図を眺めると、ちょー楽しい♪世界中を旅できる!ツアー観戦コーディネーターしながら生活したいぐらい。

賞金総額の違いも見てみよう
北京オープンは金の力で選手を惹きつけるので楽天オープンに、、、的な気持ちも沸く今日この頃。実際はどうなんでしょう?と、グレード別に国別の平均賞金総額を比べてみました。
※単位はドルまたはユーロです。またはと言うのは、いちいち変換していません。
ATP250国別平均賞金総額 
ATP250は、基本的にはほぼ横並びのようですね。
オイルパワーのカタールが頭が抜けて、ロシア・中国がちょっと奮発した程度。

ATP500国別平均賞金総額 
これがATP500になると少し様相が変わります。
縦軸のスケールがATP250と比べて既にぐっと増額されてるわけです。並に見える国(日本を含む)でも、ATP250の平均より3倍程度なんです。
が、、、どんだけだよ北京オープン!!!

ATP1000国別平均賞金総額 
そしてマスターズ。
最低ラインが北京オープンレベルになるんですね。そりゃ、トップランカーに出場義務があるんですから、ちゃんと払うべきものは払う能力が無いと、って感じですかね。
はい、そしてここでも中国は堂々の1位。上海も恐るべし、ってところでしょうか。
スポーツビジネス大国のアメリカは、マスターズこそ中国に次ぐ規模であるものの、他のグレードではさほど賞金がすごいわけではない。短絡的な視点としては、費用は安く、収入(チケット、飲食、グッズなど?)はガッチリ、って形が上手いのでしょうか?

まとめ
やはり、テニスはヨーロッパのスポーツだ。2,3年ヨーロッパに住んでみたい。


シンシナティ・マスターズを大会として検証してみる

最初の投稿。惜しくも杉田が準々決勝で負けてしまったウエスタン・アンド・サザン(W&S)・オープン、通称シンシナティマスターズについて調べて、考えてみたい。

【確認1】シンシナティってどこ???コートはどこ?

公式サイトによると、
Facility Location:
Lindner Family Tennis Center
5460 Courseview Drive
Mason, OH 45040

どこじゃい、それ。 何となく田舎っぽいということは分かりました。以前行ったことあるケンタッキー州レキシントンの近くとは。

なんだよ、田舎じゃーんと思ったものの、念のためWikipediaで「シンシナティ」を調べてみると、

それでもなお、シンシナティは地域の経済、交通、教育、および文化の中心地の1つであり続けている。シンシナティ都市圏にはクローガープロクター・アンド・ギャンブルをはじめ、フォーチュン500に入る企業が7社本社を置いている。デルタ航空ハブ空港の1つであるとともに、DHLのスーパーハブであるシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港を空の玄関口とし、陸路においても、3本の州間高速道路が交わる。ダウンタウンの北にはシンシナティ大学およびザビエル大学がキャンパスを構えている。MLBシンシナティ・レッズ、およびNFLシンシナティ・ベンガルズは、ともにシンシナティのオハイオ河岸に本拠を置いている。全米でも最古の部類に入るシンシナティ交響楽団やシンシナティ・オペラが本拠地とする音楽堂や、シンシナティ出身の大統領ウィリアム・タフトの異母兄の邸宅であったタフト美術館など、文化都市としての歴史の長さを示す文化施設も数多く立地している。

ということで、

・都市圏としては200万人ぐらいでそこそこ大きい

・大企業の本社がある

・空路のアクセスが悪くない

・MLBもNFLもチームがある

となかなかの土壌の町のようだ。


【確認2】コートの環境は?

ウインブルドンと比べると?やっぱ有明ってショボいの?という疑問を検証してみよう。

ws17_sitemap_13.jpg ・コート数は17面

ウインブルドンは20面だったかな。有明は練習コートとしてはもっと多いんだけど、観客がコートサイドで見れるコートっていうのは全然無いんだよね。。。これはやっぱり痛いな。

・センターコート

テレビで観る限りかなり立派。ということで収容人数を調べてみると、11,435人。

これに対してウインブルドンは15,000人。有明スタジアムは10,000席。規模だけで考えると、有明もさして悪くないみたい。

でもここも、センターコートの他に、5,000人のGroundstand Courtと4,000人のCourt #3、2,000人のCourt #9があるのは強いよねぇ。ここが有明の痛いところ。


【確認3】何人ぐらい来るの?

うまく調べられず分からない・・・


【確認4】興行収入はどのくらい?

これまたよく分からん。そもそもこれって管轄はどこなんだ?うん、そりゃ管轄はATPだよな。じゃあ、ATPの情報を調べれば分かるのか?

でも管轄というか主催/運営が誰かだろうな。

ん???よく分からなくなってきたぞ。

グランドスラムだけ特殊で、開催国のテニス協会が主催するって聞いたことあったんだけど、今楽天オープンのサイト見たら、当然日本テニス協会が主催と書いてある。そりゃそうだ、ATPが主催するわけなかろう。


【その他】

地味に驚いたのが、トーナメントの歴史。1899年からとのこと。へー、歴史って大事。



という感じで、初回はこの程度で終わり(笑


プロフィール

西村 正一

Author:西村 正一
テニスツーリズムアンバサダー

2017年にWimbledon観戦に行ってから、テニスツアー観戦の魅力を広めていく活動に精力を注ぎ、上海マスターズなどの海外の大会や、日本の地方のサーキットなどにも足を運び、情報発信をしています。
仕事は経営企画職で、いろんな人をファシリテーションしながら経営戦略やビジョンなどを策定していくのが最近のメインです。

Twitterアカウント:@sho1246ra

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR