FC2ブログ

シンシナティ・マスターズを大会として検証してみる

最初の投稿。惜しくも杉田が準々決勝で負けてしまったウエスタン・アンド・サザン(W&S)・オープン、通称シンシナティマスターズについて調べて、考えてみたい。

【確認1】シンシナティってどこ???コートはどこ?

公式サイトによると、
Facility Location:
Lindner Family Tennis Center
5460 Courseview Drive
Mason, OH 45040

どこじゃい、それ。 何となく田舎っぽいということは分かりました。以前行ったことあるケンタッキー州レキシントンの近くとは。

なんだよ、田舎じゃーんと思ったものの、念のためWikipediaで「シンシナティ」を調べてみると、

それでもなお、シンシナティは地域の経済、交通、教育、および文化の中心地の1つであり続けている。シンシナティ都市圏にはクローガープロクター・アンド・ギャンブルをはじめ、フォーチュン500に入る企業が7社本社を置いている。デルタ航空ハブ空港の1つであるとともに、DHLのスーパーハブであるシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港を空の玄関口とし、陸路においても、3本の州間高速道路が交わる。ダウンタウンの北にはシンシナティ大学およびザビエル大学がキャンパスを構えている。MLBシンシナティ・レッズ、およびNFLシンシナティ・ベンガルズは、ともにシンシナティのオハイオ河岸に本拠を置いている。全米でも最古の部類に入るシンシナティ交響楽団やシンシナティ・オペラが本拠地とする音楽堂や、シンシナティ出身の大統領ウィリアム・タフトの異母兄の邸宅であったタフト美術館など、文化都市としての歴史の長さを示す文化施設も数多く立地している。

ということで、

・都市圏としては200万人ぐらいでそこそこ大きい

・大企業の本社がある

・空路のアクセスが悪くない

・MLBもNFLもチームがある

となかなかの土壌の町のようだ。


【確認2】コートの環境は?

ウインブルドンと比べると?やっぱ有明ってショボいの?という疑問を検証してみよう。

ws17_sitemap_13.jpg ・コート数は17面

ウインブルドンは20面だったかな。有明は練習コートとしてはもっと多いんだけど、観客がコートサイドで見れるコートっていうのは全然無いんだよね。。。これはやっぱり痛いな。

・センターコート

テレビで観る限りかなり立派。ということで収容人数を調べてみると、11,435人。

これに対してウインブルドンは15,000人。有明スタジアムは10,000席。規模だけで考えると、有明もさして悪くないみたい。

でもここも、センターコートの他に、5,000人のGroundstand Courtと4,000人のCourt #3、2,000人のCourt #9があるのは強いよねぇ。ここが有明の痛いところ。


【確認3】何人ぐらい来るの?

うまく調べられず分からない・・・


【確認4】興行収入はどのくらい?

これまたよく分からん。そもそもこれって管轄はどこなんだ?うん、そりゃ管轄はATPだよな。じゃあ、ATPの情報を調べれば分かるのか?

でも管轄というか主催/運営が誰かだろうな。

ん???よく分からなくなってきたぞ。

グランドスラムだけ特殊で、開催国のテニス協会が主催するって聞いたことあったんだけど、今楽天オープンのサイト見たら、当然日本テニス協会が主催と書いてある。そりゃそうだ、ATPが主催するわけなかろう。


【その他】

地味に驚いたのが、トーナメントの歴史。1899年からとのこと。へー、歴史って大事。



という感じで、初回はこの程度で終わり(笑


スポンサーサイト

プロフィール

西村 正一

Author:西村 正一
テニスツーリズムアンバサダー

2017年にWimbledon観戦に行ってから、テニスツアー観戦の魅力を広めていく活動に精力を注ぎ、上海マスターズなどの海外の大会や、日本の地方のサーキットなどにも足を運び、情報発信をしています。
仕事は経営企画職で、いろんな人をファシリテーションしながら経営戦略やビジョンなどを策定していくのが最近のメインです。

Twitterアカウント:@sho1246ra

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR