FC2ブログ

初フェドカップ@ブルボンビーンズドーム




国内は女子の方が国際大会が充実(そう思っている)してるし、勢いで終わっちゃうような男子と違ってラリーが面白い女子の試合が好きなのもあって、今回のホームで行われる、しかも昇格をかけたフェドカップは、開催が決まった時からかなり行ってみたかった。がしかし、開催が兵庫ということもあり、どうしたもんだかとずっと調整に悩む。。


そんな中、今回は大坂なおみの出場が決まり、家族の関心も高まったので、西村家初の家族でのテニス観戦、かつプチ観戦旅行が実現!


しかし、長女が部活の予定があることと、思いのほか観戦に興味を示さなかったので、土曜は妻と次女だけで観戦に向かい、私は愛犬と長女との留守番を担当。そして日曜の早朝から兵庫に向かい、妻と次女と合流というスケジュール。で、帰りも別々で、家にいる犬と長女が心配で、妻と次女は第一試合の途中で帰宅時に。でも、一緒に入れた時間も短かったけど、私も次女も初の神戸電鉄に乗って景色を楽しめたりして、軽く旅行気分を味わえただけでも楽しかったかな。これが、行程をずっと共にできて、しかも大会会場が旅行先として魅力的な場所なら、やはり観戦家族旅行っていうのは企画としてアリなんじゃないかと実感。


ブルボンビーンズドーム。

新幹線降りてからもなかなかの遠さ。電車で一時間ぐらい。そこからバス。




こう考えると、前回のデ杯の盛岡のアクセスの方がずっとシンプルに思えてくる。でも普通こんなもんなんだろうな、海外の国際大会もこういう大会の方が多いんだろうな、とも感じる。調べてないから分からないけど。さて、ブルボンビーンズドームがどんなかというと、最寄り駅の緑ヶ丘からバスに揺られて少し行くと、おいおいマジで山になっちゃったぞ・・・と感じ始めると、そのあたりが目的地だったようで到着。大きな競技場が視界に入るんだけど、こっちは陸上。もっと奥に進んでいくと、不思議な建築物が現れました。




次女は「ナウシカの虫みたい」と言ってましたが、まさに名前の通りの豆型?のドーム。緑に覆われてるのも不思議感を倍増させてイイ感じ。





フェドカップ。




今回一番感じたことは、日本チームの一体感の強さ。チームの選手も、コーチ陣もホントに一生懸命みんなで応援していた。デ杯は何度も観戦したことがあるが、基本的にはコートサイドに控え選手もコーチ陣も一直線に並ぶ。しかし今回は違って、ベンチの後ろに4列ぐらいになって固まる感じの配置。この配置の問題なのか、いつものデ杯ではこんなにチームが応援しているようには感じなかったのに、やけに今日は一体感を感じた。もしかしたら二宮選手以外のコーチを見慣れていたのも影響してたかも。(大坂なおみはテレビでおなじみのベイジンさん。奈良くるみは同世代の憧れ原田夏希さんで去年安藤証券オープンでも見てる。加藤未唯も去年有明のJWOでコーチと特訓してたの見た。)。自分の選手だけどベンチには入れない。でも、立ち上がって、声を出して、選手に何かを伝えようとする。奈良くるみが終盤リードして勝ちが近づいてきたときの原田夏希コーチの応援っぷりを見てたら、こっちが目頭熱くなってきた。選手よりもコーチに感情移入。そして、そんな奈良選手を、大坂なおみの加入でメンバーから外れた日比野菜緒選手も一生懸命応援する。ラバー5のダブルスが、1セットダウンからファイナル逆転勝利を上げると、コートサイドの奈良選手も日比野選手も泣き出してしまう。これぞチーム。これぞ団体戦。


応援スタイル。




ホームでは恒例の、サポーターチームが牽引してのニッポン・チャチャチャ。盛岡デ杯で感じたのは、応援が苦手な日本人にとっては、そして比較的小さめな会場だと、みんなで一緒にできて、応援で一体感を感じやすくてイイ手法かなというもの。でも今回、事前の他国のデ杯情報参考記事で、アメリカ人は鳴り物を使ったり、みんなと一緒のコールはしない、原則個人個人で大声を出して応援する、ということを聞いていたこともあってか、ちょっとした違和感を感じてしまった。私の席が最前列で、すぐ目の前に選手がいて、声をかけやすいというのもあったと思うんだけど。そう、まさにコールがあると直接、個別に声をかけにくい。大きく鳴り物とコールが鳴り響くので、それが終わるまで声をかけるタイミングが無い。でも、コールが終わるのはプレーが始まる直前。。声を掛けられない人からすると輪に加わってる感を感じられるものなんだけど、声を掛けたい人からしたらそれが邪魔になってしまう。下手したら、一緒にチャチャチャをしていないと非国民のような悪いことをしているかのような感情すら。うーん、バランスが困ったものだ。日本人が観戦に成熟してきたら、徐々にコールは控えめにした方が良いと思う。だって、直接声をかけた方が選手に親近感を持てるに決まっているから。

今回もう一つ感じたのは、実はサポーターの皆さんのマナーが意外と悪い。インプレーで声を出す。やはり、サポーターは応援初心者の見本として立ち振る舞ってほしいなと思う。


最後にネットワーク。

今回もいろいろな方にお会いできた。スポンサー企業仲間のBNPのダニエルさん。去年のウインブルドンでお世話になった英さん。最近Twitterでやりとりをさせて頂いていて大会観戦や選手応援の先輩のYakkoさんら。みなさんからの話で世界が広がっていく。テニスファンの同窓会的な雰囲気もイイですね。スマッシュ編集長の保坂さんもいらっしゃったような雰囲気だったんだけど、お会いできなかったのが残念。お話したいことがあったんだけど、また今度。

メンバーのサインはもらえなかったけど、ヒッティングパートナーとしてなのか帯同していた若手選手の小堀選手、内島選手、内藤選手からは公式帽子にサインを。きっと将来のフェドカップメンバー!お値打ちものだな。


最後に観戦旅行記としてのスコアもつけておきます。

本当に感動した、気持ちよくなれた一日でした。



大会の全体的な質   ★★★★☆ GSやマスターズなんかと比べれば当然落ちますが、団体戦のプラス評価

アクセス、距離    ★★★★☆ まあ言っても日本ですし

近郊の観光充実度   ★★★★☆ 神戸ですし(私は行ってないですが)

宿泊施設の充実度   ★★★★☆ 神戸ですし(私は泊まってないですが)

飲食のレベル     ★★★★☆ 神戸ですし(私は食べてないですが)

観戦、観光含めた金額 ★★★★☆ 国内ですし。チケットも安め。

英語でなんとかなる度 ★★★★★ 日本ですから何の不安も無し

総合満足度      ★★★★★ 勝ったからこそではあるものの、団体戦最高!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

西村 正一

Author:西村 正一
テニスツーリズムアンバサダー

2017年にWimbledon観戦に行ってから、テニスツアー観戦の魅力を広めていく活動に精力を注ぎ、上海マスターズなどの海外の大会や、日本の地方のサーキットなどにも足を運び、情報発信をしています。
仕事は経営企画職で、いろんな人をファシリテーションしながら経営戦略やビジョンなどを策定していくのが最近のメインです。

Twitterアカウント:@sho1246ra

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR