FC2ブログ

北京オープンと上海マスターズのチケット代を調べてみたら、ちょっと予想外でした

前回の記事(北京オープンってどうなのよ(事前勉強編))でも書きましたが、10月上旬に北京オープンを観に行ってきます。チケットは取れたので、そちらも、別途書こうと思います。で、今回は知人から「上海マスターズと比べて安いんですか?」という質問をいただき、去年買って行ってきたものの(2017年上海マスターズ観戦旅行記)比較はしたことがなかったので、今回はちょっと比べてみました。

比較結果がこちらの表。
201808191250468a2.jpeg 
金額は全て公式サイトでの金額です。中国の旅行会社のchina8さんが定価で販売しているので、そちらのサイトの金額を使っています。

前提

・スタジアムの作りの違いはあると思いますが、「アリーナ」と「2階以上のA/B/C」で単純に分けています。
・北京は、デイセッションとナイトセッションという形態をとっているため、終日券の上海とは比較がしにくいです。
・上海のアリーナはさらに3段階のランクがあります(表中に記載の通り)
・上海のA席にはA+というランクがあります(表中に記載の通り)

結果として

アリーナ席は上海が抜群に高いが、A席以下は同等もしくは上海の方が安かった!
という意外な結果になりました。
北京もたしかにトップ選手が多く出場するとはいえ、やはりマスターズには敵わないでしょ〜と考えると、上海の方がお得感があるように感じます。

上記からの私のオススメ

「上海の準々決勝A+最前列をゲット」
「狙いの選手がいるなら北京の平日アリーナ」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

西村 正一

Author:西村 正一
テニスツーリズムアンバサダー

2017年にWimbledon観戦に行ってから、テニスツアー観戦の魅力を広めていく活動に精力を注ぎ、上海マスターズなどの海外の大会や、日本の地方のサーキットなどにも足を運び、情報発信をしています。
仕事は経営企画職で、いろんな人をファシリテーションしながら経営戦略やビジョンなどを策定していくのが最近のメインです。

Twitterアカウント:@sho1246ra

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR