FC2ブログ

北京オープンのチケット購入にチャレンジ

10月に観に行く北京オープン、8月に悪戦苦闘しながらチケットの購入をしたので、その模様と経験を残しておこうと思います。

※過去記事

北京オープンってどうなのよ(事前勉強編)

北京オープンと上海マスターズのチケット代を調べてみたら、ちょっと予想外でした


去年の上海マスターズの時もそうでしたが、私は旅行関連は基本的に自分で手配する個人旅行。なので、観戦チケットも公式サイトから直接購入します。ということで、公式サイトでの購入方法について記載していきます。(結論を言ってしまうと、日本在住の私たちには買えませんでした・・・)


まずサイトに行くと、当たり前だけど中国語サイトです笑201809020956379b1.jpeg 

しかし、右上に英語ボタンがあるので、英語にすることはできます。20180902095638a5a.jpeg 

ただ、会場マップすらなくて、正直残念なサイトです。。


さあ、満を持して、チケットページをクリックすると、、、なんと、ここからは中国語のみ!20180902095639f51.jpeg マジかー、と思って、Google翻訳の機能を使ってページ翻訳しようとしても、画像が多く使われてるページということもあり、全然うまく日本語になってくれません。。途方に暮れながら、一語一語翻訳しながら進めてたんですが、素晴らしいiOSアプリを発見しました!


「Microsoft 翻訳」※アプリへのリンクの付け方とかがどうしても分からない。。。


画面も崩れず、ほとんどの文章が見事に日本語になります。2018090209564182f.jpeg 

ナイス、Microsoftさん!!!やればできるじゃないか!日本語の言っている意味がよく分かりませんが(笑)、これは翻訳の問題ではなく、きっと原文自体がそういうもんなんでしょう。

さて、チケット購入のリンクを押すと、普通はこのように、これまたよく分からない感じが並ぶんですが、20180902095642ab6.jpeg アプリを使っていけば、この通り20180902095644f72.jpeg ああ、曜日のことを言ってたのね、と楽々。

この画面で日付を選択すると、購入できる席が表示されます。201809020956458f2.png ここの日本語はバッチリですね。

ここからチケットの種類をクリックします。今回はまずVIPボックス。すると、ポップアップが立ち上がります。20180902095647f3d.png このページは翻訳できませんでした。。が、白いところは触れるのか?と考えてクリックしてみると、ビンゴです。空いている席がこのように表示されました!201809020956483f9.png この中から希望の席をクリックすると、見事ショッピングカートに入りました!201809020956505e1.png 

他のチケットも基本は同じですね。20180902095651909.png エリアを選択して行くと、空いてる座席が表示されます。色の違いは席の区分ABCのようです。201809020956535ff.png 

さて、購入したいチケットを全部カートに入れて、カートボタンをクリックすると、いよいよ精算に近づきそうな雰囲気です。20180902095654406.jpeg ドキドキしますね。

恐る恐る、精算らしき赤いボタンをクリックすると、手続きのページに移行しました。このページも翻訳をかけることができたので安心です。が、、、

チケットの配送先を選択しようとすると2018090209565690b.jpeg 日本というか中国国外を選択できませ〜ん。。。20180902095657708.png あれ?あれ?と思いながら、もう少し下の方も見て行くと支払方法の選択がありましたが、20180902095659e60.jpeg クレジットカード決済がなく、みんな中国オリジナルの支払方法。。。

ここで公式サイトでの購入チャレンジは終了です。やはり、中国に詳しい知人に確認しても、日本からの購入はできないようです。


ということで、泣く泣くもう一つの選択肢だった、日本向けの中国の旅行代理店で中国のテニスツアーも扱ってるChina8さんから購入することにしました。201809021004425ee.jpeg 

そして購入はECではなく、メールでのやり取りという不思議なスタイル。やりとりをしていて分かったのですが、こちらの会社は、あくまでチケット購入の代行をしてくれるという感じのようでした。なので、希望のエリアがある、特にVIPボックスについては「あの席じゃなきゃダメ!」という一席指定だったので、細かくメールで場所を指定しながら、希望の席が取れることを確認したうえで、発注手続きを最終的にお願いしました。

そして何故か、こちらの会社さんはチケット代金が公式サイトと一切変わらず!手数料も一切必要ないとのこと。最終的には発注間近で、郵送料が5千円かかると分かり、ちょっとゲンナリしたんですが、手数料と思うしかないかと考えて諦めました。

支払い処理が終わらないと、先方が購入手続きに移らないようで、希望の席が無くならないようにと大急ぎで支払い。こちらの支払いはPayPalで、個人的には初体験でドキドキでしたが、あっさり完了。

処理した瞬間朝の7時に「いますぐ取って!」という気持ちで、「支払いましたよ」とメールで伝え、早く取って、早く取って、と祈るように返事を待つものの、なかなか返事が来ず、11時ごろ「入金確認したので購入します」との返事。早く!早く!と思いながら待つも、ここからの返事がまた滞る。。。えーー、、ここまでのメールのレスポンスはすごく良かったのに!?とヤキモキしながら待つことすでに夕方。おいおい、あの担当者、購入せずに退社しちゃったりしないよね?!と思いながら18時過ぎに催促のメールを「希望の席が取れなかったらキャンセルするかもしれないからね」と釘をさしながら。。そしてようやく20時ちょっと前に「主催者から、希望の席が押さえられたと連絡が来た」とメールが!あ、あなたは公式サイトからやってるんじゃないのね、何らかの特殊なパイプ(なのか、ただのメールのやり取りなのか)で、あなたも返事待ちだったのね、と理解しました。

そしてその後、一週間後ぐらいに「発券が完了した」との連絡が入り、その翌日「EMCで発送した」との連絡が入り、その数日後、家に届きました!20180902100444a8d.jpeg 

8月8日朝 支払い完了

8月8日夜 座席の確保完了

8月16日 発券完了

8月17日 発送完了

8月21日 家に到着!


黒い袋を開けると、厚紙の袋が20180902100446405.jpeg

厚紙の袋を開けると、封筒が20180902100447f7f.jpeg 

封筒の中には、3日分のチケットと、VIPボックスのチケット用にチケットホルダーが付いてきました!しかも、ストラップを見て、今回15周年だったんですねと知りました。20180902100449960.jpeg  


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

西村 正一

Author:西村 正一
テニスツーリズムアンバサダー

2017年にWimbledon観戦に行ってから、テニスツアー観戦の魅力を広めていく活動に精力を注ぎ、上海マスターズなどの海外の大会や、日本の地方のサーキットなどにも足を運び、情報発信をしています。
仕事は経営企画職で、いろんな人をファシリテーションしながら経営戦略やビジョンなどを策定していくのが最近のメインです。

Twitterアカウント:@sho1246ra

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR