FC2ブログ

WTAツアーの開催地も調べてみた

前回のATPツアーに続いて、WTAツアーも調べてみました。

開催国は?
WTA国別開催数

やっぱりアメリカなんだね~と思っていたら、リストを集計中から感じてたことだけど、
中国が多い!!なんと第2位!
しかも、China Open(男女共催)は最上位カテゴリー(Premier Mandatory)。 
やるじゃないか。。。

しかも、そう、アジアの国の名前が多々並ぶ・・・

地域別にみると
WTA地域別開催数 

なんと、アジアが第2位に!!!まあ、ほぼ中国が引っ張ってるわけだが。
なぜだ?!
なぜに、ATPツアーが開催されていない、韓国・台湾・香港が。
去年の安藤証券オープンにも、アジアの選手をよく見た。女子選手は比較的アジア各国ががんばってるのかな?
と思って、調べてみたら、やはり男子と女子で国別の勢力図が全然違う!
女子だと中国が4位なんだ~。
興味深いわ~。

さあ、世界地図にプロットしてみると
WTA開催地図 
男子同様、ヨーロッパの集中ぶりはすごいんだけど、
距離的なことを考えるとアジアの密度も、アメリカの密度と同じぐらいなんじゃないかな?
これは、女子ツアーを観ることを考えると、実はかなり良い環境。
海外に、飛行機に乗ってまで見に行くのか?という心理的なハードルはあるだろうけど。

しかし、大会のグレードを考慮すると
とは言うものの、実はWTAツアーの大半はInternationalという一番グレードの低いカテゴリーで、
グレードの高いPremierカテゴリーになるとちょっと様子が変わるのです。
WTA国別開催数(Inter除く) 
アメリカ一強・・・
そして、グランドスラム開催国と続く。(フランスどうした)
アジアは、中国と日本(東レPPO)のみに。

WTA地域別開催数(Inter除く) 

ヨーロッパ、北アメリカ、そして伝統のオーストラリア(まあイギリスの流れということか)で。

まとめ
アジアでいっぱい試合があるのは素晴らしい環境なんだが、
そうは言っても、ヨーロッパの試合の方が観に行きたい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

西村 正一

Author:西村 正一
テニスツーリズムアンバサダー

2017年にWimbledon観戦に行ってから、テニスツアー観戦の魅力を広めていく活動に精力を注ぎ、上海マスターズなどの海外の大会や、日本の地方のサーキットなどにも足を運び、情報発信をしています。
仕事は経営企画職で、いろんな人をファシリテーションしながら経営戦略やビジョンなどを策定していくのが最近のメインです。

Twitterアカウント:@sho1246ra

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR